本文へ移動
警備業の種類
警備業の種類
 
警備業には様々な種類があり、それぞれ業務内容や役割が異なります。警備業法上では主に4種類に分けられており、警備員は各場面での警備のスペシャリストとして業務に当たります。
 
 
1号業務

1号業務
様々な場面で地域のみなさまの
安全を見守る業務。
 
商業施設やオフィスビル、学校や住宅など多くの人々の安全を守るため、見回りはもちろん、セキュリティ機器などの管理や駐車場の管理などを行います。業務は各場面によって様々で、多岐にわたります。

施設警備・巡回警備・保安警備・常駐警備・機械警備
警戒監視業務
など
 
 
2号業務

2号業務
イベントや工事現場などで人々の誘導や交通整理を行う業務。
 
多くの人や車などが集まる場面で人々の安全管理やイベントが円滑に進むよう周辺の警備を行う業務です。工事現場などで歩行者の誘導や交通整理などを行う交通誘導警備業務や、コンサートなど多くの人が集まる場所での安全管理を行う雑踏警備業務などがございます。

交通誘導警備・雑踏警備 など
 
 
3号業務

3号業務
高いセキュリティで貴重品を安全に運搬する業務。
 
運搬中の現金や貴金属などを安全に届けられるよう盗難などの事故から守る業務です。特に盗難や事故が起きたときのリスクが大きいため、万全の体制で隙のない警備を行います。

貴重品運搬警備・核燃料物質危険物運搬警備 など
 
 
4号業務

4号業務
ボディーガードとして警備対象者の安全と安心を守る業務。
 
特定の人物に対して危害が及ばないように周りを警戒し、安全を守る業務です。一般的には「ボディーガード」と呼ばれており、警備の対象となる人の安全を守ります。

身辺警備 など
 
 
あなたも警備業を通して安全で安心な地域社会を守っていきませんか?
警備員を募集している企業はこちらからご確認いただけます。
一般社団法人
石川県警備業協会

〒920-8203
石川県金沢市鞍月2丁目2番地 
石川県繊維会館二階
TEL.076-281-6670
FAX.076-281-6671
office@ishikeikyo.or.jp
警備事業
警備員教養の推進
経営者研修
機関紙の発行、広報活動
各種講習会
0
6
2
0
2
4
TOPへ戻る